for English

トップ
ミッション
アドバイザー
IR成功メソッド
サービス内容
当社顧客の成功例
IRについて
トピックス
経営課題
財務・会計
マクロ経済
法制・政府関係
リスク管理
環境・社会・ガバナンス
メディアへの掲載情報
加盟機関
プライバシーポリシー
お問い合わせ



 
 
  トピックス

当節では、弊社アドバイザーが質疑応答フォーマットにより、いくつかの検討すべき課題をご提案します。企業は、経営環境の変化がビジネス・モデルに与える影響ならびに自社IR戦略の重要性をもっと認識する必要性があると考えます。また投資家が、ダーウィン進化論でいう「適者生存の原則」に則り、企業を評価していることも忘れてはなりません。以下ご参照ください。

  法制・政府関係


  政府関係


震災後の政治情勢をどう見ていますか?
株式市場の低迷がそれを物語っています。明らかに、投資家は政治的こう着状況について好感していません。政治家は、既得権のための政治ゲームを演ずることより国益を優先すべきです。現在私たちは、戦後最悪の危機に直面しているため、政府と野党は協力しなければなりません。
2011年 7月


政治的協力がなければ、何が起きますか?
国の政治的、経済的および信用リスクが上昇します。高いリスクは株式市場の低迷をもたらし、グローバル格付け機関が日本国債を格下げした場合、将来には金利も上昇します。外国企業は、日本での事業を拡大しないし、海外からの直接投資も減るということを意味します。さらに、金融市場への海外資金流入も減少します。少なくとも、更なる「失われた10年」に直面する可能性があります。要するに、経済の成長と繁栄は、はかない望みかもしれません。
2011年 7月


企業は、不景気を避けるため何をすれば良いでしょうか?
企業は、グローバル化に伴って、海外で事業の種をまく必要があります。政府がマクロ経済をうまく運営できないのであれば、企業はミクロ・レベルで行動しなければなりません。企業は、日本を必ずしも商品とサービス提供のための唯一の市場ではなく、世界の主要市場の1つと考えるべきです。企業は、海外特に有望な市場において積極的なペースで事業を推進すべきです。将来、外国証券取引所への株式上場および海外資本市場での社債発行は、現地での資金調達を拡大し、知名度を高めることを助長します。優秀な外国人の積極的な採用も海外への展開を押し進めます。長期的には、海外での利益は、本国へ送還され、自国の富へ貢献します。
2011年 7月